クリスマスオーナメント

クリスマスにツリーに飾るオーナメントの意味 知っていることいくつありますか?

  • 一番上の星。トップスターといいます。これはキリスト生誕を知らせたベツレヘムの星。
  • 赤い玉。これはりんご。永遠の命と豊かな実りを願ってりんごに見立てた赤い玉を飾ります。邪視除けにもなっています。
  • ベル。喜びと希望の象徴。魔除けも兼ねています。キリスト生誕の知らせと迷子の道を正しい方向へ導くなどの意味があります。
  • くつ下。サンタクロースの伝説で貧しい家に金貨を投げ込んだとき干していたくつ下に入ったのが始まりと言われています。



そして、飾りの色にも意味があります。

  • ツリーの緑色は生命
  • りんご(玉)の赤はキリストの血、愛
  • 雪の白は清らかさ
  • 星のゴールドは高貴






こんな風に改めてみるとちゃんと意味があって、ずっと守られてきていることに驚きます。
最近では色もカラフルというより、モノトーンや2,3色使いのシンプルなものも人気ですが、従来のクリスマスをお祝いするという意味にはこんな思いがあったんですね。


意味がわかったところで、デザイン面からみたツリーの飾り方を紹介しますね。


ツリーは末広がりの樹ですから、三角錐。横から見ると三角形

飾り物も三角形を描くように全体のバランスを見ながら配置しましょう。

色はグループを作って、こちらもバランスを見ながら三角を意識して飾っていきます。隣り合う飾りの大きさを上下左右で変えてみるのもコントラストがついて遊びが生きてきます。

繰り返すにもまとまりを考えながら、色と形でわけていくといいです。


ツリーの色をモノトーンや単色の濃淡にする場合


色が少ないとそれだけでシンプルなイメージになります。

デザインの基本4つのルールで整頓することでにぎやかでもまとまりのあるイメージで飾り付けすることができますよ。

1)整列:規則性を保ちながら並べる
2)近接:近いところに配置するモチーフをグループにしておく
3)反復:強調したいことを回数を重ねて使う
4)対比:コントラストを付けて印象づける

デザインについて話している記事はこちらです。




普段から整えて並べる、グループで置く、強調を繰り返す、コントラストをつける、これらを意識しているとデザインということが自然に身につきますよ。



2018.12.7 クリスタルイズム放送分

空間をデザインする

空間デザインというと、専門のデザイナーが知識をふんだんに使って、立派な設計をするように思えるけど、実は身の回りをちょっとだけ整えて、デザインするとなかなか居心地のいい場所ができるんです。

例えば、
毎日使う仕事机、勉強机、食卓テーブル、リビングのローテーブル、その上でなにかしらの作業をするときに、余計なものがいろいろ乗っていたら作業に集中できませんよね。


昨日の仕事の続きの書類が開き、ペンも散乱している仕事机?
勉強机も然り。


TV、エアコンなんかのリモコンがいくつも置いてあって、小さなカゴには虫刺されの薬や、リップクリーム、ハサミが入っていて、台ふきんも傍らに。。。こんなテーブル?



いやですね。


気持ちよくいつもの作業を始めるためにも、身の回りの小さな空間からデザインの基本に沿って、見直してみましょう!

デザインの基本

デザインするというお話をしたときに、デザインの基本を4つ上げました。
ここでもう一度おさらいしますね。

  • 並べる
  • グループで考える
  • 繰り返す
  • コントラストをつける

そうなんです。

デザインってそんなにかしこまったことではなく、ルールに従って見た目を整えてみるということなんです。

特に、本棚の本の並び方や調味料たち、タオル類とか化粧品など
グループになるようなものをルールで並べると見違えてキレイになります。

どこを整えたらいいか確認

まずは写真に撮ってみる、鏡に写して反対から見る

こんなことをすると客観的に見れるので、どこを揃えたら良いか、同じグループがどこに散らばっているか、色のまとまりはどうか。。。などを確認できます。

本だったら、高さを揃える、背の高いものから低いものへ並べる。
背表紙の面を揃える。
それだけで、すっきりします!

調味料や化粧品も然り、器の高さや大きさを揃えて並べたり、
ラベルを自分で作ってみたり、ガラスの容器だったら中身の色を並べてみたりして遊び感覚でも十分楽しくキレイに並べられます。

こんな風に並べる、グループで考えるからはじめて、慣れてきたら
遊びを入れて、コントラストを付けたり、カタチや色を繰り返してリズムを作ったりしてみます。

仕上がったテーブルの上や、本棚など、もう一度写真に撮ったり、鏡で反対から見てみてください。
さっきまでとの違いに驚くこと間違いなし!

Crystal ISM 2019年11月16日放送分

デザインするということ

世の中にはデザイナーという職種がある。特別な感じのする言葉「デザイン」。
しかし、ほとんどの人は何かしらのデザインをして日々を送っているのではないでしょうか。




例えば、朝!
顔を洗い、髪を整える
この、「整える」もデザインのひとつ。髪を巻く、表面を揃える、伸ばす、分ける、束ねるなどなど、形を変えて整えるデザインをしていますね。




では、出かける前!
服を選び、外装を作ります。コーディネイトで色合わせや、トップスとボトムスの形を合わせたり、靴やバッグも選びます。そうして、遠目での全体印象を作るのですね。




出かける前、パートII!
化粧をして、男性ならひげをカットするとか梳かすとか撫でるとかも含めて、イヤリングやネックレスなどのアクセサリーを付ける。ここでは、首から上の、人に第一印象を与える部分をデザインします。




出かける前の2つは前後してどちらが先かは別として、人と会うための外観デザイン完了☆
といったところでしょうか。




こんな風に「デザインする」を意識しなくても、人はレイアウトを考え、色を組み合わせ、こだわりを持って外側に対しての効果を意識しています



デザインとは…

日本語で言うと「設計」となります。カタカナ英語だと「プランニング」としても使います。形を整えたり、意思を伝えるためのたくらみなのです。
たくらみ>企み>企画>設計>デザイン。。。ですね。



では、ここで デザインの基本原則。


1)整列:規則性を保ちながら並べる
2)近接:近いところに配置するモチーフをグループにしておく
3)反復:強調したいことを回数を重ねて使う
4)対比:コントラストを付けて印象づける

☆整えができたら、配置したモチーフが隣同士で似合うかどうか
☆なにかのポイントを繰り返して印象づけることができているかどうか
☆対比させたことで意思を明確にできているかどうか




自分の見た目を含めて、何かをデザイン(設計)するとき
人に何かを伝えたいとき
少しだけこれらのことを意識してみてください。




きっとワンランク上げてデザインができるはずです。


ーーーーーーー※

Crystal ISM 2018年11月2日放送分