本のサブスクリプション。活用していますか?

本のサブスクリプション。活用していますか?

重い本を持ち歩かなくても、タブレットやちょっと小さいけどスマートフォンでも手軽に本を読むことができますね。本をサブスクリプションで読むメリットとデメリット、おすすめのサブスクリプションについてお話します。

  

 紙の本のページをめくりながら、メモをしたり付箋をつけたり。。。ゆっくりしたいい時間を過ごす気分。途中で本をひっくり返し、伏せてコーヒーを淹れに行く。。。そんないつもの時間を過ごしながら本を読むのはリラックスしますね。
 余談ですが、本は伏せておくと痛むので栞をきちんと使って閉じておくというのが本当だと言われたことがありました。でも、本には自分が読んで使い込んだ形跡があるのって良くないですか?読めば読むほど手跡がつくのが好きです。ということで、紙の本に愛着を感じながらも、デジタル読書のススメ始めます。

 そう!タブレットやスマートフォンで本を読むことにすると、電車に乗っているちょっとした時間、少し混んでいる車内でも本を読んで過ごせば時間の経過も気にならないし何より情報を少しでも多く取ることができます。
 本を開いてもタブレットの大きさは変わらないので(本のように大きさが倍にならないでしょう?)周りの人に迷惑かなとか気にしなくても大丈夫。ページめくりも指の移動だけで済むから、肩ひじが隣に立っている人に当たりません。
 そして、たくさんの本を一度に持ち歩け、気分で本を取り替えることも簡単。付箋も付けられるから、複数の本を同時に読んでも続きの再開も簡単。読んでいる途中でわからない単語、読めない漢字が出てきたらすぐに調べることができる、といいことがたくさんあります。

デジタル読書をするために私が選んだ本のサブスクリプション

「電子書籍」とか「本 サブスクリプション」とかで検索するといくつもサービスが出てきます。サービスごとの比較の記事も上がってきます。その中で、自分に何が合うのかを選んで使うのはもちろんだけど、何が合うかを見つけるのがまたひと苦労ですよね。
 ユーザー登録のためにあれこれ打ち込んで、メールアドレスで確認・認証して。。。使ってみて、ちょっと使いにくなぁ、では次、ユーザー登録をして…ねぇ。

 そこでオススメはこちら。
 サービスによって本の中でもどのカテゴリーが得意かが違ってきますが、たとえばAmazon Kindle Unlimitedなら200万冊ぐらいから選べて、月額980円で読み放題。しかも入るタイミングでは2ヶ月99円のお試しもできるので、やってみて損はない感じ。
 本屋さんで表紙やタイトルに惹かれて本を開くように、デジタルでも試し読みができるんです。そして、アプリ内にストックできるので、すぐに読まなくてもキープしておいて後日読み返したりします。気に入ったらUnlimitedだったらそのままダウンロードして持ち歩けるし、Unlimited以外の本だったら別途購入します。しかもUnlimited以外の本でもAmazonのタイミングで○○%オフ☆でお得に買えるときもありますよ。
 他にも雑誌が得意なdマガジン、コミックならコミックシーモア、FODプレミアム、楽天マガジンなどなどたくさんの本のサブスクリプションがあります。
 動画を見るのがNetflixがいいかHuluがいいか、Disney+(ディズニープラス)か、得意分野で分かれるように、本のサブスクリプションもそれぞれに特色があるので、どの本が読みたいかで検索してみるとどこに登録するのが自分に合っているか見えてきますよ。

サブスクリプションのメリット・デメリット

 メリットは

  • 紙の本のように重くない、かさばらない
  • つまり外出時にも複数の本を同時に読み進めるのときに荷物が増えない
  • 試し読みで本当に読みたい本を見つけられる
  • ブックマークや言葉の検索が簡単(サービスによる)

 デメリットは、

  • 雑誌のサブスクリプションには付録が付かない
  • 自動更新なので、更新時期のタイミングを把握する必要がある
  • 更新を把握していないと、使っていなくても料金がずっと発生する
  • 解約するときに手順がわかりにくい場合がある

 デメリットを注意しながら、サブスクリプションのお試し期間、無料キャンペーンでぜひ試してみてくださいね。特に無料キャンペーンは要注意。キャンペーンに参加するために登録するので、合わないと思ったらちゃんと退会することを忘れずに!

 それと、契約内容だけでなくアプリ自体の使い勝手もよく試しましょう!ダウンロードした本がどこに並んでいるのか、読んだ途中のマークは見つけやすいか、検索した言葉をまとめて見る機能があるかどうかなどなど、チェックするところは意外とたくさんありますよ。

楽しいデジタル読書ライフ、おすすめです!

 番外編、実物の本のサブスクリプションというものもあるんです!すごくないですか?読みたい本を3冊選ぶと定額で届けてくれて、読み終えた本を引取サービスにするとちょっとお得になるようです。
 私は実物の本は装丁のデザインとか、何度も読みたいとかで手元に置きたいものを買うのでこのサブスクリプションは使ったことがないのですが、家でじっくり本を手にして読みたいけど、本棚にいっぱいになるのは嫌だなっていう人にはとてもいいサービスですね。

 この情報は2021年10月1日のラジオクリスタル コンシェルジュでお話した内容です。そのとき、お相手のデシコさんが車の中でオーディオブックスを良く聞いてますよと話されてました。音声読み上げの本もいいですよね、散歩がてらに手ぶらで歩きながら本が読める?聞けるって情報の取得にはモッテコイです!

皆さんの活用法もぜひ教えて下さいね。

参考までにAmazon電子書籍リーダーもいくつかリンクを置いておきますね。

Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

【NEWモデル】Kindle Paperwhite シグニチャー エディション (32GB) 6.8インチディスプレイ

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 32GB 広告なし 電子書籍リーダー(セール中!2022.1.5現在)

コメントを残す